我が家のトイプードル「茶太郎」をメインに、実家のトイプードル「小太郎」の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mitti
 
[スポンサー広告
東北関東大震災の色々情報メモ
すみません。また、この場をお借りして、ワンコ以外の情報を発信させていただきます。

一個人のブログであり、私見である事は、あらかじめお許し、ご了承の上、一読ください。

ちなみに茶太郎は先週、東北、関東、信越、東海の地震、余震で、酔うほどに大きくも中位も小さくも
揺れていたので、かなりの不安を抱えていました。それで、チャタパパは会社に通わなければいけない
ので、24時間体勢のように、交代で茶太郎のストレスを軽減させるように、と暮してもらいました。
3連休から少しずつですが、地震、余震もおさまってきたおかげもあって、今現在は、茶太郎も穏やかに
暮しています。ちなみに食欲や体調、そういったものはとってもいつも元気です。

それから、前回のブログでも個人的に書いてすみませんでしたが、宮城県気仙沼市の親戚は安否が分かりました。
ご心配をしてくださった皆さん、すみませんでした。現地の皆さんはもちろん、大変な思いをされて日々を追わ
れて暮していますが、それでも無事でも何とか暮していらっしゃるのは何よりだと思いました。

反対に、福島市に住んでいるチャタパパの実家、親戚は、ライフラインはまだ混乱もありますが、大変でしょう
に何とか毎日暮してらっしゃいます。怪我、病気、そういったものは無いようで、それは何よりだと思っています。ただ、原発の事故、これに抱えている不安というのは、文章では表現できないと私は思っています。

私の出来ること。つねに、東京にいる私は、そればかりを考えながらも情報収集ばかりの先週を過ごしていました。
錯綜する情報、ニュース、過剰や過熱報道もあれば、楽観視した報道もあり、どれが本当なの?どれが正確なの?
どれが、安心できる情報なの?と、もう次から次へと凄いスピードで情報が錯綜しますし、今、起こっている事象
も刻々と変わったり、とどれもこれもが、早いと思いました。
こういう時には、私の場合、多角的に見ていって、過剰と楽観と冷静と思われる情報、ここから自分なりに差し引き判断していくしかないと思っています。基礎知識を自分なりに得て、その上で情報を得ていって、自分の中での
信頼に足りそうな情報、これを集めて、今、状況を見ています。
ちなみに、日本、後は原子力をたくさん抱えているアメリカ、フランス、イギリス、ドイツなどの、政府、報道、大使館情報、各国と日本の専門の人達、IAEAこういったものから多角的に情報を集めて見ていました。
私の中では、過剰な反応は良く無い、でも楽観視はできない、と思って、今情報を見ていっています。

テレビのニュースは基本的ににNHKのニュースが、分かりやすいかな、と思っています。
NHKのニュースは世界にも発信していかないといけないので、ヘタな事ができない、だから
かえってテレビの中ではNHKを大体見ています。

ネットのニュース、これはニュースの中でも結構埋もれてしまう中でも、早くて、テレビでは得られないニュース
も見る事ができるので良いのですが、色々な所から圧力がかかるので、記事を消して、改訂する、そういったニュースが目の前で消されて、内容をちょこっと変えてニュースになるというのは何度も見てきました。
ニュースソースの一番初めのソースを見たい、というのであれば、2ちゃんねる系が結構早くて、情報を貼り付けているので、得やすいです。色んな人の意見は個人的な意見ですからスルーさせていただきますが、2ちゃんねる系から発信する情報の中で、リンクされているニュースソースが信用に足るものか、と見た上で、そこから情報を得る方が早い事もあります。

一部の政府よりも各都道府県や自治体の動きの方が早いです。経団連のホットラインを立ち上げて、直接
やり取りをして、産業界にも働きかけて、動いているようですので、被災地への物資も一部を除いて大分
良い状態になったようです。東京都等の計画停電についても、各自治体の動きも早いです。
私は自分の住む区役所から情報を得ていますが、実際にここが一番確実な情報でした。
計画停電、原発の現状況を知るのには、会見を聞くのも良いのですが、保安院や東京電力の出している
プレリリースや緊急情報などの、HPで出している情報が比較的理解しやすいです。
原発の現地の状況は、福島民友ニュースや、東北関連の河北のニュースが得やすいですが、落ち着いた目
で見ると良いかと思います。東北の中では、フェイスブックを今、うまく使いながら、福島県の地元情報
を出していたり、周りの県からの支援情報などを出して、色々と動いています。避難区域は各国によって
違うようですが、精神的負担を考えると、逃げる、逃げないかは自己判断なのが実情では無いかと思います。
各都道府県はどこでも、今、受け入れてくれますから、後は、逃げる場合の燃料、これだけは何とか供給が
早く行き届きますように、と願うばかりです。
各都道府県によっての受け入れ先は、ペットも受け入れる(ただし、避難先というのは大概が、ケージ
バリケンネル等が必要です)所はまちまちなのが現状です。お外で家族と一緒にペットと共にいる、そ
ういった人達もいらっしゃいます。ペットに関するNPOも今、動いているので、少しでも改善されていく
事をせつに願っています。

ちなみに、寄付は、「赤十字」が確実です。他、早いのは各都道府県や自治体に直接寄付する事だと思います。

私が大体信用しているサイトさんを貼り付けておきます。
ここから情報を得るのは良いのでは無いかな、と思っています。
ちなみに私が怖いと思っていることは、とてもパニックになり不安も抱えて
眠れたものじゃない、という位にきつい思いをしてしまうこと、現実は甘くは無い
と思っていますが、きつい思いを続けていると体に良く無いと思いますから、なるべく
少しでも、過剰な気持ちにならないよう、そう願って貼り付けておきます。

NHKや、YAHOOニュースでも取り上げていました。
原発の情報(タイムラグはありますが)、知識はここで結構入手できます。
サイエンスメディアセンター
http://smc-japan.sakura.ne.jp/

怖いのはパニックになり不安が想像つかない事になること。
特に、子供さん等、訳が分からなくてただ怖い、そういう子達が
理解した、少しホっとした、と子供だけでは無く、大人も地元の
方も実績をあげている情報です。
子供でも分かる!ウンチとオナラに例えた原発事故
http://blog.livedoor.jp/pfj_blog/archives/50607490.html

有志ボランティアによるブログ、海外大手メディアの翻訳や
明るい話題を届けようとしているサイトさんです。
http://blog.livedoor.jp/pfj_blog/
(↑ここで翻訳されている英国大使館の情報は私の中では一読する
 のに良い情報だと思っています。)

後は、総合的に見るには、IAEAの発信のする情報、これは信用しています。というか、信用しざるを
得ないのですけどね。

自分も他人事ではありませんので、難病をお持ちの方への情報です。
難病情報センターのホームページ
http://www.nanbyou.or.jp/madoguchi/saigai.html

ペット震災情報関連まとめ
ペットの現状は決して、今喜ばしい状況ではありません。
ペットなんて言っている場合じゃないよ、という方もいらっしゃるかも
しれませんが、ペットを飼っている身では家族と同じですから、私としては
一日でも早く、良い状態にいってくれることを心から願っています。
http://tierheim-japan.org/wp/shinsai-pet/

http://matome.naver.jp/odai/2130024554149785301

ペットフードの協会も動いてくれているようです。
ペットフード協会の支援
http://www.petfood.or.jp/Earthquake-disaster/

ここからは、記録として、個人的に書いておきたい事を書きます。今までそんな事を言っている
場合ではないから、我慢しないと、我慢して見ないと、と思っていたのですが、どうしても我慢
出来無い事があったので、記録としてせめて残そうと思いました。
今、内閣から色々な脅しやら恫喝やらと騒がれたり、騒がれていなかったりとしていますが、非常事態
深刻な状況と、色々ありますから、理解しがたいことでも、自分の中では今は流していました。

ただ、このニュースだけは、理解ができません。何度も昨日の夜中に圧力がかかったのかどうか、改訂
もされていたり、遠まわしやカットされているニュースもありますが、時事通信、TBS、フジ、朝日
等が、ネットのニュースに出しました。

3月21日(月)17時56分配信
東京都の石原慎太郎知事は21日午後、首相官邸で菅直人首相と会い、福島第1原発での放水作業をめぐり
政府関係者から東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に対して「速やかにやらなければ処分する」との圧力的発言があったとして、抗議した。
石原氏によると、首相は「陳謝します。大変申し訳ない」と述べた。都関係者は、発言は海江田万里経済産業相からあったとしている。

石原氏は会談後、記者団に「現場の事情を無視して、(放水作業を)速やかにやれ(と指示があった)。やらなければ処分するということを上から言ってはいけない」と強調。さらに、「担当大臣か何か知らないが、恐らく上から来るのだろう。そんなばかなことを言ったら戦が戦にならない。絶対言わせないでください」と首相に申し入れたことを明らかにした。

また、同隊が使用した放水車の連続放水能力は4時間が限度だったが、政府側の指示で7時間連続で放水したため
石原氏は「完全に壊れた」と説明した。
一方、枝野幸男官房長官は同日午後の記者会見で「これから調査する」と述べるにとどめた。

というニュースでした。
自衛隊ならば、立場上トップに位置するのは、首相になりますから、何を言うつもりはありませんが
消防庁は総務局の管轄、経済産業相の方が処分だのといっても、そもそもそんな権利が無い
と思うんですけどね。さらに、それでも非常事態の為にやむなく、というのならば、4時間放水を分割
しておこなえば、他号機への放水も可能だという話もあるのに、消防車が壊れちゃったら話にもなりません。
命懸けの覚悟をもって、と士気を高めてハイパーレスキューの方達が行って下さっている時に、いちいち
士気を下げるような事を言うのもどうかと思いました。
ちなみに、この話は刑罰にもできる話だそうです。今は非常事態とか深刻な状況というものを使って
流されると思いますが。
この後に、大阪、神奈川の横浜、川崎と消防の方達が出るという話ですが、どうかこうならないように
本当に心から願っています。
石原都知事が抗議、それによって首相が陳謝、この行動だけでも、後に続く消防の方達は少し改善され
るのでは無いかと推察します。こんな事が頻発におこれば、各消防が代わる代わる動く事も出来なくなって
しまい、行動の事態が悪化してしまうと思いますから、本当にせめて円滑に動くように、黙っててください
と言いたいです。ちなみに、ハイパーレスキュー隊がえらい大きなポンプを持っていましたが、後に続いてくださる消防の方達が使えるように、現地に置いていったそうです。同隊が現地での判断で最短距離をはかったのにこれ
は実現できずに、とてもお辛かったと思いますが、自衛隊とも同期をとっているようですので、次に続いていく
消防の方々が、出来るだけ少しでも、円滑に無事に活動される事を願ってやみません。
とある国のポンプ車が来るようですけれど、それはニュースになるのでしょうね。どちらの国でも支援してくだ
さるというのは大変ありがたいですが、一部の国だけ花束贈呈とか、一個人として理解しがたいです。
花束贈呈がしたいのなら、支援してくださる全部の国にしてくださいと思います。
日本の現地で作業している、各民間会社と連なる関連会社協力会社、自衛隊警察消防が今とても頑張ってくださる、その事に今は心から応援したいです。

外国の一報道でも、日本人や現地作業の方たちは絶賛、応援されています。一部政府の中枢がおかしな事に
なっているという話はあって、これは生の声でも聞きました。
情報操作もでき、情報の錯綜や隠蔽もでき、偽の情報もありますが、情報の戦いも出来る、情報というのは色んな意味でも重要だな、と思いました。
スポンサーサイト
Posted by mitti
 
[ワン以外のこと
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。